年末年始でも利用できる?

年末年始でも利用できる?

年末年始でも利用できる? 人が亡くなる日は誰も予想することはできず、突然の訃報の知らせが届く事は多くあります。
身内に不幸がある場合であっても遺族で予測できるはずもなく、年末年始といった時期での葬儀を行う場合も出てきます。
その際に斎場などは営業しているのどうかですが、基本的に12月であれば大みそかの31日まで営業している事が一般的です。
年内に葬儀を済ませたい場合であれば、12月31日までであれば予約が取れる事は多くあります。
年始については火葬場も斎場も含めて1月1日から1月3日までは休業な場合がほとんどです。
そのため葬儀の予約を取る際は1月4日からとなる場合が多く、その際は葬儀まで待つ必要が出てきます。
ただし年始に休業していることで葬儀をまっている家は複数ある場合もあり、状況によっては1月4日に予約を取れない事も多いです。
その場合は1月5日や1月6日と日にちを後ろにずらして予約を取る必要なども出てきます。
葬儀自体は行えませんが葬儀業者は営業しているので、故人の引き取りなどは行ってもらう事が可能です。

斎場はゴールデンウィークも利用できるのか

斎場はゴールデンウィークも利用できるのか 人間はいつ死んでしまうかわかりません。
もしかしたら、ゴールデンウィークに葬儀を行わなければいけないようなタイミングで亡くなってしまうこともありえます。
では、もしもその期間中に葬儀を行わなければいけなくなった場合、斎場は利用することができるのでしょうか。
結論から言えば、利用することは可能です。
斎場は基本的にゴールデンウィーク中も通常営業していますから、葬儀を行うことに何の問題もありません。
しかし、できることならその期間中の葬儀は避けた方がいいです。
まず、葬儀に参列しにくいという問題があります。
長期の旅行などを計画している方が多いですから、いきなり葬儀に参列してくれといわれると困ってしまいます。
葬儀を主催する側としても気が引けてしまうのではないでしょうか。
もう一つの問題として、菩提寺とのスケジュール調整が難しいということもあります。
菩提寺も何かと忙しかったりしますし、旅行を予定している場合もあります。

新着情報

◎2023/8/25

情報を更新しました。
>斎場は多目的トイレやスロープの有無の確認を
>斎場は焼き場が近いところがおすすめできます
>手すりにスロープが充実した斎場か見極めよう
>斎場選びは比較サイトなどを活用して行いましょう
>霊園や墓石店と連携している斎場がおすすめです

◎2022/10/24

情報を更新しました。
>斎場建設には配慮が何よりも重要なのです!
>反対運動がつきものの斎場建設だがどう対処すればいいのか?
>いろんな方の参列を考慮しスロープ設備のある斎場を選ぼう
>いろんな参列者に対応し斎場はバリアフリーの選択を
>斎場に見られる霊柩車の変遷に関する事について

◎2021/12/23

情報を更新しました。
>後で後悔しないためには斎場を探すタイミングも大切です
>斎場選びではプランの内容をよく確認しておくことが大切
>病院から斎場に直接移動可能かや選ぶポイントとは
>公営の斎場の特徴や利用するメリットについて
>ペットの斎場の特長と選ぶ際のポイントについて

◎2021/4/14

年末年始でも利用できる?
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「斎場 年末」
に関連するツイート
Twitter

返信先:年末に爺さんが亡くなった時、喪主は霊柩車の助手席で、残りは自家用車で火葬場まで移動予定だったのが、用意された霊柩車がレクサスで、 みんな霊柩車(レクサス)乗りたい、乗りたい❗️ってなって 1人で火葬場に向かったわ.... 斎場のお菓子とかそう言うのぎっちり積んで 俺も乗りたかったよレクサス