斎場について

このサイトでは斎場で家族葬を執り行う際の流れについて解説しています。お葬式というのは突如として必要になるものなので、どのように進めれば良いのかわからないという方も少なくありません。サイトに書かれた内容を読んでいただければ、様々な疑問点を解決することが出来ます。どんな花を飾れば良いかで悩んでいる方にもうってつけです。葬儀のことならこのサイトを読むだけで、どんどん内容を詳しく知っていくことが出来ます。

家族葬を執り行う際の流れ

家族葬を執り行う際の流れ 昨今では家族葬を行う方が増えていることもあり、小さめの斎場に人気が集まっています。葬儀は事前に準備をしておくことが出来るので、現場はスピーディーな動きを必要とします。
利用者からの疑問として多くあげられるのが、花の値段をどれくらいにすれば良いかということです。近年ではプロジェクションマッピングを使用したセレモニーを行うケースも増えています。斎場によって利用できる時期などが変わります。家族葬は大掛かりな仕掛けを必要としないので、費用も安く抑えることが出来ます。お葬式についてのことは事前に知っておくと、いざという時に役立ちます。故人の遺志を尊重し、後悔のないような送り出し方をすることは遺族にとって大切なことといえるでしょう。

「寝ずの番」の過ごし方や由来について

「寝ずの番」の過ごし方や由来について 通夜の日に夜通し故人に寄り添い、見守ることを「寝ずの番」といいます。斎場には宿泊できるところもあり、故人と遺族に最後の夜を過ごさせてくれます。
そもそも「寝ずの番」とは、現代ほど医療が発達していなかった時代に、本当に亡くなってしまったのか、生き返らないかを確かめるために、朝まで遺体のそばにいたことが始りです。それとともに、故人が悪霊に取りつかれないように見守っていたとも言われています。必ず極楽浄土に辿りつけるようにという願いが込められていました。現在ではもちろん生き返ることはないので、故人との最後の時を過ごす時間となっています。斎場に泊まれる場合はいいですが、そのサービスがない方が多く、その場合は半通夜で終わります。
半通夜というのは、その日のうちに通夜を終えることです。故人を見守り寄り添うことも、近年では半通夜で済ませることが多くなっています。かつては自宅で通夜を行っていたので、故人を偲んで夜通し起きていましたが、斎場で行うことが増えた今、「寝ずの番」の風習も一般的ではなくなっています。半通夜で弔問客が帰った後に、家族だけが数時間を故人と共にいるという過ごし方が一般的です。いずれにしても、最後の別れを惜しむ大切な時間であることに変わりはありません。

後で後悔しないためには斎場を探すタイミングも大切です

かつてはお葬式というと家で行うことも多かったのですが、最近では斎場で行う場合が半数以上になっています。人の死は予測することができないのですが、もしもうあまり長くもたないという家族がいるならば使用する斎場について少し調べておくことをお勧めします。
現在葬儀の形は以前とは大きく変わってきています。多くの人に参列してもらう一般葬が減り、家族などの身近な人だけで見送る家族葬が主流となり、そして葬儀を行わない直葬なども出てきました。また金額の面でも費用の安さを売りにするところもあります。
どういった葬儀にするかを決めたらそれを行ってくれる斎場を探し連絡をとってみましょう。丁寧に教えてくれるはずです。
ただそこに決めても、たまたま使用する日や時間帯が他と重なり、使えなくなる可能性もあります。
それに備えていくつかの候補を用意しておくことも必要です。最もよくないのは亡くなってからあわてて斎場を探すことです。
事故や急病ではこれは避けられませんが、家族が亡くなったときというのはやはり気が動転しています。もっといい判断があったのにと後で反省することも少なくありません。それを避けるためには葬儀場を探すタイミングも大切なのです。

斎場選びではプランの内容をよく確認しておくことが大切

葬儀を行う際に安い料金の斎場を選んだけれど、追加費用がかさんで出費が大きくなってしまったということは意外と多くあります。
基本的なプランには含まれていない項目もあり、オプションなどを付けると費用が膨らむことは多いです。
そのため斎場を選ぶ際には、プランにどんな項目が含まれているのかをきちんと確認しておく必要があります。
棺一つにしてもグレードアップして良い物を選んだらかなり高額になったということもありますし、祭壇に飾る花を豪華にしたらかなりの費用がかかってしまったということもあります。
突然の葬儀だと頭が混乱している中で決めなければいけないことが多いので、つい費用については後回しにしてしまいがちです。
故人のためにならと良い物を選びたい気持ちもあり、いつの間にか予算オーバーになっていることもあります。
その後の生活に支障が出る程ではいけないので、見積書の内容はしっかりとチェックすることが大切になります。

病院から斎場に直接移動可能かや選ぶポイントとは

近年日本では病院で亡くなる人はかなり増えていますが、その際に気になるのが直接斎場に移動させてもらえるのかという点ではないでしょうか。
一昔前はお通夜や告別式までの間、自宅に安置するのが一般的となっていましが、近年では家が狭く棺を置く場所がなかったりマンションに住んでいる人も増えており、斎場に直接運んで安置してもらいたいと考える人が増えました。
葬儀会社によって直接斎場に連れて行ってくれるかに違いはありますが、可能となっている場合でも夜中など火葬場が閉まっている時間帯に亡くなると連れて行ってもらう事ができません。その場合には葬儀社の安置室や、火葬場の保冷庫などに安置することになります。
自宅に連れて帰ることが困難という場合でも、基本的には葬儀会社の安置室を利用することになるので頭を湯ませる必要はありません。
病院から紹介される葬儀社が良いとは限らないので、葬儀社選びを慎重に行っておくことが大切になってきます。

公営の斎場の特徴や利用するメリットについて

葬儀を執り行う際に悩む点の一つとなるのが、斎場選びではないでしょうか。一口に斎場と言っても民間と公営があり、どちらを選ぶかにより必要となるトータル費用や雰囲気など異なる点はあります。
人気となっているのか公営斎場であり、料金が比較的リーズナブルになっているので金銭面の負担軽減を考えている時にもぴったりです。
それだけではなく火葬場が併設されているケースが多いので、移動の手間や時間もかからないという点も魅力の一つとなっています。
しかしアクセスしにくい場所にあったり、民間よりもサービス内容は充実していない場合もあるので気を付けましょう。
斎場による違いも必ずあるので、複数に相談したり見積もりを取って比較した上で決める事がポイントとなってきます。
安かったりアクセスも良いなど人気の高いところは、予約も入りやすいのでタイミングによっては数日待たなくてはならないこともあるので、遺体安置の場所やドライアイスの料金も考えておくようにしましょう。

ペットの斎場の特長と選ぶ際のポイントについて

ペットの斎場は、火葬場や葬儀場以外に専用の墓地がある会社を探すと便利です。ペット専用の斎場は、費用以外に内容を比較検討するようにします。施設で行う会社と自宅に出張している会社があり、いくつか連絡をして対応が丁寧な会社を選ぶのがポイントです。
斎場はプランやご家族の宗教、立地で比較検討するようにします。遺骨を残すかどうかや、利用したい時間帯でこのサービスを利用するのは大事です。
斎場の選び方のこつに、見積もり以上の金額にならない事や不法投棄にならないように注意をします。口コミや連絡をした時の対応で判断するのは重要です。火葬後はお墓に埋葬したり、納骨堂に収める等の方法があります。
最近はこのサービスの需要が多く、火葬以外に墓地や納骨堂を所有している会社があるのが特徴です。自宅から近いとお墓参りや、管理をしやすいので便利になります。都市部以外に景色が良い郊外にある場合が増えているのがこの施設の特徴です。

斎場建設には配慮が何よりも重要なのです!

人は必ず死ぬ運命にあります。これはどんな人にも平等に訪れるのです。そして人間が亡くなると、遺族は葬儀や埋葬の手配が必要になります。
さらに言うと、人間が亡くなると斎場の手配は必須となるんです。このように人間なら誰しもいずれお世話になる斎場ですが、その建設においては非常に配慮が必要になるのです。
建設にあたっては。必ず近隣住民から反対の声や署名、反対運動がおこります。その規模が大きくなる前に建設計画が決まった段階で、近隣住民に理解を求めるように説明したり協力を仰ぐ、もしくは説明会などを懇切丁寧に行う必要があります。
騒音や防音対策を講じたり、工事における交通整備なども行わなければなりません。斎場の建設では内部にも人に対する配慮が必要になります。斎場は老若男女様々な人が参列に訪れます。
それ故体の不自由な人や高齢者に対し、バリアフリーでスロープや手すりをあらかじめ設置したり、多目的トイレを設置するなどを行う必要があります。

反対運動がつきものの斎場建設だがどう対処すればいいのか?

輪廻転生という言葉が仏教用語の中にあります。これは人は生まれ死んでいき、また何かに生まれ変わって死んでいくということを繰り返しているという教えです。
この言葉からもわかるように、人はいつか次に生まれ変わるために死を必ず迎えます。そして遺族はこの故人の弔いのため、鎮魂のために葬儀を執り行い成仏させてあげなければなりません。
葬儀には必ず斎場が必要になり、誰もが必ずお世話になる場所です。それにもかかわらず、斎場建設となると、かならず住民の反対運動が巻き起こるのです。
人間は死というものにネガティブな思考を持っているので、人の死を感じる施設を忌み嫌います。しかしこうした反対運動にあった場合にどう対処すべきか困惑します。
この場合にはまずしっかりと住民と建設業者が話し合い、理解を求める場を設けなければなりません。建設説明会を実施し、設計士や建築士に弁護士など専門家を招いてしっかりと住民の理解を求めることが大事です。

いろんな方の参列を考慮しスロープ設備のある斎場を選ぼう

人は生まれた以上、必ず死ぬ運命にあります。これだけは病める方も健やかなる方も、富める人も貧しい人も等しく平等に市が訪れるのです。
人が亡くなると、故人自身だけの問題ではありません。残された遺族はすぐさま葬儀の手配や、埋葬の段取りを行わなければならないんです。
とくに斎場を早く抑えることが大事です。真夏や真冬などには高齢者が亡くなることが多いので、焼き場の関係から斎場を抑えられないこともあるので早急に対処しなければなりません。特に高齢者が亡くなった場合には、その親族や友人などもみな高齢出る可能性が高いといえます。
それ故斎場を抑える際には、スロープや手すりなどが備え付けられ、バリアフリーやユニバーサルデザインの斎場を選択することが大事になります。そして立地条件などにも配慮が必要になります。
駅から近かったり、送迎バスが数十分単位でピストン運動で送迎しているなど交通アクセスにも配慮した方が良いでしょう。

いろんな参列者に対応し斎場はバリアフリーの選択を

人は必ず死ぬように遺伝子に組み込まれています。それがいわゆる寿命であり、誰もが経験することなのです。そして残された遺族はその故人のために斎場を抑えたり、葬儀の段取りや手配、訃報の伝達に食事の準備などに取り掛からなければなりません。
焼き場へ行ったの埋葬をどのようにすべきかも決めていかなければならず、矢継ぎ早に次々とやることが山積していきます。
ここで忘れてはいけないのが、故人の雨に多くの様々な人が斎場に参列に来てくださるということです。会場が広ければいいというものではなく、老若男女が参拝しやすく快適に過ごせることに配慮し斎場を抑える必要府があります。
特に高齢者は段差や階段などで転倒してしまう恐れがあるので、配慮しないといけません。斎場の中にはバリアフリーでスロープや手すりをところどころに設置しているケースもあります。
さらには、誰もが快適に不自由なく過ごせるユニバーサルデザインで設計したいるケースもあるんです。

斎場に見られる霊柩車の変遷に関する事について

人間は生まれてきた以上、必ず死ぬ時がやってきます。どんなにお金持ちで買えないものがないとしても、寿命までは自分で買うことができないのです。
自分が死ぬときは、神のみぞ知ることなんです。人間が亡くなる尾遺族は故人をしのび、弔うために斎場を抑え葬儀を行います。
そこで通夜告別式といった一連の葬儀が執り行われ、霊柩車で個人の亡骸を焼き場まで運搬します。昭和からバブル期頃までは、斎場でよく見られるのは金の塗りが施された絢爛豪華な宮型霊柩車が主流だったのです。
しかしそれは時の流れとともに、姿をすっかり消してしまい斎場でも扱っているところが少ないくらいになっています。
その背景には、近隣住民への配慮や、質素で家族ぐるみの小規模の葬儀スタイルが人気となっていることが考えられるのです。
今は黒塗りの車であり、それが亡骸を乗せているのかはほかの人には一切わかりません。現代は葬儀スタイルも家族葬が人気であり、それとともに霊きゅう車も変遷を見せています。

斎場は多目的トイレやスロープの有無の確認を

人はだれしも必ず亡くなる時がやってきます。
これは人間として生まれたからには暴動に訪れる事象であり、避ける事はできません。
その為ある一定の年齢になった時には、自分の視野亡き後のことを考えてみる事も大事です。
それは定年退職などを節目に行うと良いでしょう。
定年退職して家にいるようになると、急激に体力や知力も衰えていき、老いを自分でも感じるようになるためです。
また遺族や子供たちに迷惑をかけないためにも終活を行うことをお勧めします。
例えば斎場が行う生前の無料相談などを活用すると良いと言えます。
葬式のプランやお墓や霊園の手配まで一貫して行うことができる斎場もあります。
生前に葬儀プランにかかるお金をあらかじめ自分で支払っておくことも可能なのです。
斎場選びも非常に重要であり、自分が高齢で亡くなると葬式に参列する人も高齢になるので、きちんと多目的トイレや手すり、スロープなどの施設が充実している斎場かもしっかり確認しなければなりません。

斎場は焼き場が近いところがおすすめできます

冠婚葬祭は誰にも等しくおとずれるものです。
最近は価値の多様化やキャリア志向の女性も多くなり、結婚しない女性も多くなっています。
しかしながら死に関しては等しく平等に訪れ、必ず葬儀を行わなければなりません。
ある一定の年齢、定年退職や古希、喜寿などを迎えたタイミングで自分の死を向き合い、葬儀プランなどを計画することをお勧めします。
子供や遺族に迷惑をかけたくない、独身で誰にも負担をかけられないという人は特に早めの段取りが求められます。
最近斎場では生前相談を無料で行っているのでそうしたものを活用すると良いでしょう。
斎場選びも慎重に行わなければなりません。
高齢になると交友関係も高齢になり、参列が困難になるので駅からアクセスが良く、駅からピストン運動で送迎バスが運行しタイル斎場がおすすめです。
出来れば焼き場が近い斎場であると、葬儀終了後の焼き場迄の移動が短時間で済み、送迎などのコストを安く抑える事ができます。

手すりにスロープが充実した斎場か見極めよう

日本は非常に高齢化が進んでいます。
非常に長生きする人が多くなり、平均寿命も90代近くになりつつあるのです。
そこで人生百年時代ともいわれるようになっています。
ところが、長生きしても必ず死がおとずれるので、必ず自分の死に向き合いしっかり葬儀プランなどを生前元気なうちにプランしておくことが大事です。
特に葬儀を行う斎場選びは慎重にならなければなりません。
自分の葬式は一般葬で行うのか家族葬や密葬、もしくは直葬でするかによって選択する斎場も異なってきます。
しかも高齢で亡くなることを想定すると、参列してくれる人も高齢であるのでそのことに配慮した斎場選びが大事になります。
手すりにスロープは施設のいたるところに設置されているか、多目的トイレがあって車いすでも入りやすいか、駅から近くアクセスがよいのか、はたまた駅から送迎バスやタクシーでのコンスタントな送迎があるかもしっかり確認するようにしましょう。
こうしたことは生前元気な時しかきちんと行うことができません。

斎場選びは比較サイトなどを活用して行いましょう

人間はこの世に生を受けた以上、必ず死を迎える時がやってきます。
自分は健康に自信があるから、今まで病気一つしたことがないから、食事や運動に気を配っているからそんな早く死ぬことはないと、過信してしまっている人も少なくありません。
だが人間は必ずしも寿命で亡くなるわけではなく、病気や事故、自死などでも命を落とすことも珍しくないのです。
その為ある一定の年齢、古希や喜寿を境に自分の死と向き合うことをお勧めします。
そのうえで自分の葬儀プランなどを生前元気なうちから行っておくことをお勧めします。
特に斎場選びは慎重に行わなければなりません。
一般葬でするのか家族葬もしくは直葬、密葬にするかによっても剪定する斎場は変わってきます。
しかしながらどこの斎場がいいのかわからずに途方に暮れている場合には、比較サイトなどを活用し口コミ評価などを頼りに選んでいくのもおすすめです。
実際に斎場を利用した人の評価が赤裸々に紹介され、選択する際の非常に参考となります。

霊園や墓石店と連携している斎場がおすすめです

人生百年時代と言われ久しくなっています。
皆が当たり前に百歳近くまで生きると信じて疑わなくなってきているのです。
事実、九十代まで元気にはつらつと生きる人も多くなっています。
ところがそれが自分の身にふりかかるかどうかは別問題だと言えるでしょう。
人によってそれぞれ寿命も健康状態も違うので、いつ亡くなるかもしれません。
定年退職を迎えるとライフスタイルが一変します。
すると体力や筋力、内臓機能も一気に低下し、健康を害してしまう人も少なくありません。
そのため定年退職を機に葬儀プランや斎場選びをしてみるのもおすすめなのです。
こうした終活を元気なうちから始めておくと、いざと言う時に子どもや遺族に迷惑をかける事がありません。
斎場にあらかじめ葬儀費用を払いこんでおくと、遺族に経済的負担も回避することが可能となります。
また霊園や墓石店と連携している斎場を選択すると、墓の建立なども一貫してスムーズに生前準備しておくことが可能となるのです。

新宿区で家族葬するなら

落合斎場で葬儀

新着情報

◎2023/8/25

情報を更新しました。
>斎場は多目的トイレやスロープの有無の確認を
>斎場は焼き場が近いところがおすすめできます
>手すりにスロープが充実した斎場か見極めよう
>斎場選びは比較サイトなどを活用して行いましょう
>霊園や墓石店と連携している斎場がおすすめです

◎2022/10/24

情報を更新しました。
>斎場建設には配慮が何よりも重要なのです!
>反対運動がつきものの斎場建設だがどう対処すればいいのか?
>いろんな方の参列を考慮しスロープ設備のある斎場を選ぼう
>いろんな参列者に対応し斎場はバリアフリーの選択を
>斎場に見られる霊柩車の変遷に関する事について

◎2021/12/23

情報を更新しました。
>後で後悔しないためには斎場を探すタイミングも大切です
>斎場選びではプランの内容をよく確認しておくことが大切
>病院から斎場に直接移動可能かや選ぶポイントとは
>公営の斎場の特徴や利用するメリットについて
>ペットの斎場の特長と選ぶ際のポイントについて

◎2021/4/14

年末年始でも利用できる?
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「斎場 家族葬」
に関連するツイート
Twitter

返信先:東京・代々幡斎場で27日に通夜、28日に告別式を家族葬という形で行った。喪主は長女の國場亜紀さん。法名は「釋勝智信女」。お別れの会は現在検討中という。

返信先:東京・代々幡斎場で27日に通夜、28日に告別式を家族葬という形で行った。喪主は長女の國場亜紀さん。法名は「釋勝智信女」。お別れの会は現在検討中という。

返信先:他1東京・代々幡斎場で27日に通夜、28日に告別式を家族葬という形で行った。喪主は長女の國場亜紀さん。法名は「釋勝智信女」。お別れの会は現在検討中という。

返信先:日本人的には祭壇や棺代、斎場代、香典返しは宗教に関わらず必要になるのでそこはいっしょかなー 家族葬の30万はお寺さんに払うお金とは別ですね

返信先:50代です。お葬式代、家族葬ならそんなにかからないと思います。市の斎場など、市役所に聞いたりしました。